林組合についてabout

組合の取り組み

東京の森林・林業の発展に関する取り組みの一部をご紹介します。
興味がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡ください。

SDGsへの取り組み
東京都森林組合はSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、
活力ある森林づくりを目指します

SDGsとは

 2015年5月の国連サミットにて、加盟国全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」。2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための17のゴール・169のターゲットから構成された国際目標です。

 東京都森林組合は森林整備を通して、東京都の豊かな森林・水源・地球環境に優しい素材生産・持続可能な暮らしに貢献しております。

森林整備事業
加工事業
木育活動を絡めた地域貢献

東京都の森林の資産価値及び公益的機能向上に寄与しています。

多摩産材を様々な製品に加工し、身近な場所でご利用いただいています。

林業体験を通して森林・林業を身近に感じてもらう場を提供しています。また、地域のイベントや展示会に積極的に参加し、木の良さを知っていただく活動を行っています。

主な事業
主な製品
主な活動
  • 森林経営計画事業
  • 森林経営効率化支援事業
  • 集約化事業/保育事業
  • 森林循環促進事業
  • 森林再生事業
  • 公園整備用材
  • 木製防護柵
  • 内装材
  • 木製遊具
  • 看板
  • 小物木工品
  • 多摩川水源森林隊
  • とうきょう林業サポート隊
  • 民間企業のCSR活動
  • イベント出展、製品の展示、工作体験
  • すべての人に健康と福祉を
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
林業体験・インターンシップ・研修等の受け入れ

 東京都森林組合では、森林が果たしている公益的・多面的機能や林業についての講義を行うとともに、間伐や伐採、搬出施業を行う現場に加え、木材を加工する工場などの見学を実施しています。また、インターンシップを受け入れ、林業の作業体験等を実施するなど、幅広い世代に森林・林業に興味を持ってもらう機会を提供しております。

  • 目的:森林のもつ機能や林業に対する普及啓発
      後継者育成のための林業従事者育成
      地場産業の普及・PRと体験
  • 内容:下草刈り、間伐、枝打ち等の施業体験
      講義、見学等
  • 事例:東京都内外の中学校、高等学校、大学の教員及び学生
      一般企業職員

※受入れる時期や状況により実施内容は異なります。
※ケガ等の保険加入や資料代等の実費をご負担いただく場合がございます。

AED(自動体外式除細動器)の設置

 東京都森林組合は職員を含め、組合員、地域住民の方の安心・安全のため日の出町本所と各事業所にAED(自動体外式除細動器)を設置しています。
営業時間内であれば一般の方のご使用も可能ですので、万が一の事態が起きた際にはお声がけください。

設置事業所一覧

  1. 本所     日の出町平井2759
  2. 奥多摩事業所 奥多摩町氷川1075
  3. 檜原事業所  日の出町大久野7852(仮事務所)
  4. 八王子事務所 八王子市下恩方町3247-2
  5. 檜原加工所  檜原村本宿5593-2

※AEDとは
自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)の略称。
自動的に心電図の測定・解析を行ない、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。