東京都森林組合

Forestry business

ホーム > 森林事業 > 森林国営保険

 森林国営保険

森林国営保険が(独)森林総合研究所へ移管されます
(森林国営保険加入者及び加入をご検討の皆様へ)

 「森林国営保険法等の一部を改正する法律」が平成26年4月9日に可決・成立し、4月16日に公布され、これまで国が実施してきた森林国営保険は平成27年4月1日に独立行政法人森林総合研究所(以下「森林総研」という。)に移管されることとなりました。

 移管時点で有効なご契約は、森林総研に自動的に引き継がれます(必要なお手続きはありません)。森林総研に引き継いだ後も、ご契約の補償内容に変更はございません。

 森林保険は、森林所有者自らが突然の災害に備える唯一のセーフティネットであり、重要な公的保険です。移管後も、法律に基づいて国がしっかりと関与していくこととしておりますので、引き続き、森林国営保険及び移管後の森林保険をご利用いただきますようお願い申し上げます。

 御不明な点等ございましたら、以下の連絡先にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

連絡先:林野庁 森林整備部 計画課 森林保険企画班
電話  03−6744−2246(直通)

よくいただくご質問(PDF59kb)はこちらをご覧ください。
※現在のご契約の更新等に関するお問い合わせは、森林組合へお願いします

あなたの森林に安心を約束します

森林の育成には長い年月と多くの資金、手間が必要です。万一の災害もあります。災害を事前に防ぐことは出来ません。避けられない自然災害から、大切な財産を守ります。もしもの災害を受けた損失を、しっかり補てんします。

補てんされる8つの災害

火災、水害、雪害、風害、干害、潮害、凍害、噴火災

契約の方法

森林の所在地、樹種、林齢、面積等をご確認のうえ、契約申込書に保険料を添えてお申込下さい。

※なお、幼齢林については標準金額以内の保険をもって契約を締結していますが、壮齢林については、近年、木材価格が著しく下落しておりますので、加入に際しては地域の市況に応じて、標準金額に対する適正な付保率でのご加入をお勧めいたします。

災害が発生したら

すぐに、森林組合にお知らせください。「損害発生通知書」をご提出していただきます。係員があなた様または代理人に立会をして戴いたうえで損害調査をします。諸手続きのうえ保険金をお支払いします。

※地震による被害や、病虫害は保険の対象外となりますのでご注意下さい。全く人手の入らない天然林や竹林などもこの保険に加入できません。 詳しくは、森林組合にご相談ください。

平成17年4月の改正で、さらにご利用しやすくなりました。

是非、この機会に森林国営保険にご加入ください。

保険料率と等地区分を見直し、損害てん補額を算出する伐期齢を全国一律として延長し、さらにご利用しやすくなりました。

Point01 純保険料を引下げました

最近30年間のデータによると、林齢20年以下の事故率が大幅に低下していることから、今回この純保険料を引下げました。

Point02 等地区分を見直しました

事故率の高い地域と低い地域との公平さを保つため、各都道府県の平均事故率にあわせて等地区分を見直しました。

Point03 標準金額について見直しました

保険金額の上限として定められている標準金額について、その基礎となる造林費や立木価格が前回の改正後から大きく変わってきたため、実態にあわせるよう見直しました。

さらに、これまで保険金を出すにあたって市場価を適用するために基準としていた伐期齢を全国一律に改め、これまでより約20年程度延長になりました。

区分 改正前 改正後
すぎ 標準伐期齢 60年
ひのき 65年
その他針葉樹 60年
広葉樹 35年

お問い合わせ

東京都森林組合

〒190-0182 東京都西多摩郡日の出町平井2759
TEL:042-588-7963  FAX:042-597-5263
 info@tokyo-sinrin.com

ページトップへ